通常、就職においてポイントになってくるのは、学歴・資格・コミュニケーション能力などで、転職になるとここに今までどんな職に就いてきたのか・なぜ辞めたのかなどが入ってきます。薬剤師への転職においても、もちろんこれらの要素が重要であることに変わりはありません。ただ、「薬剤師は女性が多い」という薬剤師転職の重要ポイントも忘れてはなりません。 薬剤師は薬学部を卒業して薬剤師の国家試験に合格した者しかなることができません。そんな薬剤師ですが、実際に薬剤師になっている人はそのほとんどが女性となっています。結婚又は子育てにより一時職に就いていなかったが、薬剤師の免許を持っているから薬剤師として社会復帰したいから転職希望を出すという流れがすごく多いのです。そのため、通常の転職であれば、サラリーマンのように週5で働き、正社員になりたいという希望が多いい中、薬剤師転職においてはパートとして働きたいという声が多くなっています。 パートとして働きたい女性が多いということは、勤務時間は平日の昼間の需要が多くなるということです。薬剤師転職の重要ポイントはここにあります。もちろん平日の昼間ばかり需要があっても、転職希望者を全て受け入れることはできません。薬剤師として需要が高いのは、夜や休日といった主婦が働きにくい時間帯に働ける転職希望者となっているのです。 もし、自分が深夜まで働けるといった売り込みポイントがあれば、薬剤師転職はほぼ成功するものと考えられます。このように薬剤師転職の重要ポイントは転職希望者にどのような人材が多いのかを知ることとなっているのです。