転職専門のエージェントを利用

| 未分類 |

薬剤師転職の重要ポイントは、転職情報の集め方です。

 

まずどのような職場を希望するかによって、情報の集め方も変わってくるのです。薬剤師の職場としては調剤薬局、病院薬剤師、MR、ドラッグストア、治験コーディネーター、研究開発などがあります。またどのような雇用形態を希望するかによっても、情報の集め方が違ってきます。正社員なのか契約社員なのか、派遣社員、パート、アルバイトなど様々な形態があります。ですから自分の転職希望をまずはっきりさせることが大切になります。それが決まれば、次は転職先の探し方が薬剤師転職の重要ポイントになります。一般的な探し方としてはハローワークがありますが、友人の紹介、新聞の広告、スカウト、卸業者の紹介、薬剤師会の職業斡旋など色々な方法があります。この中で自分に合った方法で転職先を探すわけですが、面接の時に労働条件や給与について質問することが必要です。その場合、事前に給与の相場を知っておく必要があります。相場を知らないと提示額が多いのか少ないのか判断できなくなり、交渉が不可能になるからです。相場というのは地域差がありますから、その地域で発行されている情報誌などを見て、おおよその給与について情報を集めておくのです。自分の希望をきちんと交渉できるかどうかも、薬剤師転職の重要ポイントになります。

 

 

しかし薬剤師という職業の人間は交渉事が苦手な人が多いのです。そこで薬剤師の転職を専門としているエージェントを利用することをおすすめします。