調剤薬局で薬剤師アルバイト

| 未分類 |

薬剤師は国家資格を持つ薬の専門家として、医療分野の中で薬剤に関する仕事を受け持っています。

 

病気の患者に合わせた薬の調剤をし、患者に薬の有効性や安全性、飲み方、注意事項などを説明する服薬指導を通して病気の患者の治療や健康を守るのが主な仕事です。調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社、治験会社、食品メーカー、化粧品会社など様々な分野で勤務しています。薬剤師が働く業種や職種が多様化したことにより、働き方も正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトなど様々な勤務形態の職場があります。特に結婚や出産などを経て、家庭と両立して働きたい女性には、薬剤師アルバイトでの勤務が人気になっています。今後薬剤師アルバイトが必要になってくるのが、調剤薬局です。現在日本の医薬分業率は、約60%だと言われていますが、国の方針として、医薬分業が今後ますます進められていくので、調剤薬局の求人が増えています。

 

特に地方では都会に比べて薬剤師が不足気味で、薬剤師アルバイトの求人数は増加していくと考えられます。一方ドラッグストアやスーパーの薬売場などは、薬事法改正により登録販売者制度が施行されたことにより、薬剤師の必要性が低くなり、ドラッグストアやスーパーの薬売場などでは、薬剤師アルバイトの需要が減少する可能性があります。薬剤師アルバイトは限られた時間の中で、薬剤師の専門性と高い技術を活かせる有意義な働き方といえます。

 

今後高齢化が進み、医療分野はますます重要性が増していきます。薬剤師の資格を活かして活躍してもらうことが望まれます。